投稿

THANKS GIVING関連のリリースとわいらのPlaylistやで!

イメージ
堀田:くらんちくん、何聴いてるの?

くらんちくん:TANAKA AKIRAのアルバムCD、リマスター再発盤とヘリコプターのベスト盤カセットや!

堀田:それはわたしも買ったよ。THANKS GIVINGから出たCDと、Galaxy Trainからのカセット。

くらんちくん:わいはレーベル倉庫からかっぱらってきた。

堀田:窃盗だよ。それ。明日はスクリューキッドの新作CDも出るね。

くらんちくん:そうやな。それももらってこんと。

堀田:かっぱらうんじゃないの?

くらんちくん:本当は忍び込んでつかまって、土下座してもろてきたんや。お金ないんや。

堀田:くらんちくん哀しいね。

くらんちくん:わいは観念の存在やから何しても許されるんや。

堀田:ダメ。それはずるいよ。そういえばTANAKA AKIRAさんもプレイリスト作ってたけど、わたしたちもお気に入り曲のプレイリスト作ったんだったね。

くらんちくん:そうそう。わいのプレイリストとCRUNCHのプレイリスト並べとくで!




前野健太観てきたで! 前野健太 ニューアルバム 「サクラ」 発売記念ツアー 2018年6月3日伏見Jammin

イメージ
名古屋のバンドCRUNCHのマスコットキャラ、くらんちくん。
ギターの堀田さんとライブの話で盛り上がってますよ。


くらんちくん:「東京の空~は~ 今日もただ青かった~♪」


堀田:くらんちくん、前野健太のライブ、余韻冷めやらないんだね。

くらんちくん:当たり前や! お前らCRUNCHのライブよりよっぽど前野健太のライブ観に行っとるわ。資源を大切に 明るく楽しい前野健太!

堀田:オープニングがバンド演奏とナレーションでHARD OFFのテーマだったね。
今日も真面目に取り組んでいます pic.twitter.com/7nnwi5xNe0 — eikoishibashi (@Eiko_Ishibashi) 2018年6月3日 フュージョンなギターもよかったね。ジムさん、HARD OFFで中古機材をよく探すのかなあ。



くらんちくん:伊賀航、ジョー・タリアの鉄壁のリズム隊はしかも臨機応変やし、伊賀航と共に星野源の演奏を支えるキーボード・プレイヤー石橋英子、そして言わずもがな世界のジム・オルークの超絶ギター・プレイ。神や!!えらいもん観たで。

そのバンドに支えられて水を得た魚なマエケンの歌はやっぱり良いわ。「今の時代が一番いいよ」で改めて痛感したんやけど、歌は楽しいとか、うれしい、哀しい、怒り、そんな簡単に割り切れるもんやないな。前野健太の唄はいい意味でロックかつ演歌や。



「みんな一緒に楽しもう!」とかでは絶対ないと思うんや。「俺はこう思うんやけど、お前はそう思うんやな。自分でもわからへん、別々の感情を抱いて、でも俺たちは同じ時代に居る」みたいな。怒号しているようで号泣しているようで、笑っているようでもある。

そうや・・・ お前らCRUNCHのアルバム『てんきあめ』も雨降りなのか晴れてるのかあいまいな色々な感情を歌った言うとったな。ええな。



堀田:くらんちくん、今日はあんまり悪態つかないね。

くらんちくん:喉がガラガラで絶不調のはずなのに最高のライブをしてくれた前野健太のおかげで心が洗われたんや。思えば、お前らの演奏にダメ出しばっかりしてすまんかったな。お前らのアルバム、実は毎日聴いてるんやで。

堀田:はは・・・ありがとう。いったいどうしたのくらんちくん? もう死ぬの?

くらんちくん:あほ!わいは正常や。生きる死ぬといえば、「興味があるの」前のMCで
マエケン、母親の話しと…

壊れかけのテープレコーダーズ『FRAGILE E.P.』リリース・ツアー

イメージ
CRUNCHのいつもの練習スタジオ。
おや、メンバー以外の誰かがやってきましたよ。


くらんちくん:おはよう!!土曜日はわいの生誕祭ごくろうやったな。CRUNCHの演奏もまあまあやったで!

堀田:くらんちくんの生誕秘話を話したのはついで。壊れかけのテープレコーダーズの新EPレコ発だよ! 音源も良かったけど、ライブは一層迫力があってかっこよかったね! 

壊れかけのテープレコーダーズ「Boys & Girls」
凄いカッコ良かった! 明日も新宿motionでライブです。 pic.twitter.com/PrYWXvVs0c — CRUNCH (@crunchjp) 2018年5月21日

堀田:小森さんの初期衝動的なパフォーマンスよかった。自分にはないからそういうの憧れる。遊佐さんのオルガンの音色、ドアーズみたいな雰囲気があって好き。

くらんちくん:リズム隊もうますぎやな。新ドラマー高橋恭平さん、以前はFar Franceや吉田ヨウヘイgroupでも叩いてたそうで、わい、ライブ観たことあるで。凄いかっこよかった。

堀田:そうだね。rock our electric soulも演奏うまくてびっくりした。バンジョーとかマンドリンとか弾いてカントリーぽかったり色んな要素があって素敵だった。


神野:細かいトコまでビシッと決めてて。メンバーが楽しそうに演奏してるのが伝わってきたね。あと、壊れかけのテープレコーダーズさん、迫力が凄かった!二人の声もとても素敵で。ライブの後、牛スジオムハヤシ最高だった! ご飯が美味しいブラジルコーヒー さんで演奏できてうれしかった。
川越:どの対バンさんもライブを楽しんでるのが姿や音から伝わってきたよ。ブラジルコーヒーは演奏しながら、窓から流れていく車や人が見えるのが新鮮だった。いつもと違う気持ちでやれてよかった!








新栄ラジオデイズ・レコード、Roots Lounge、Last Days Of April 来日ツアー

イメージ
最近のくらんちくんの動向をご紹介しますよ

新栄に新しくできたレコード店に突撃するくらんちくん

まずはラジオデイズ・レコード。新栄駅からクラブロックンロール方面の大通り沿い、新栄ビルの4Fです。





「みゆきのサントラも気になったし、色々渋めのロック名盤を発見したけど、ここではELOのDiscoveryUS盤とパトリース・ラッシェンの忘れな草7インチ。書き込みがあるからか破格のアースウインド&ファイヤーのベストUS盤を買ったぞ!」



そしてダイヤモンドホール方面へ、スタバを越えてユニーブル新栄3Fの一室の隠れ家的レコードショップRoots Loungeへ。

「ここは本や雑貨もある。ビールやソフトドリンク、ちょっとしたおつまみもあるから、今度来るときはまったりするぞ。ここではTalking HeadsとAlterd imageを購入した!」







夜は栄タイトロープに行きます

「お! CRUNCHのぼんくら2人、どうした?」
「くらんちくんこそ、そのでっかい荷物はレコード?」
「お前が好きそうなもんも買うてきたで  そして盛り上がったLast Days Of April の来日ツアーはまだまだ続く!」






5/2(水) 大阪
天王寺fireloop
act / Last Days Of April / FOOLA / my way my love / KAIMY PLANTS / Hue’s
DJ : ume-rock(Sunday Monday / Ivy Ivy)
開場18:00 / 開演18:30
前売¥4,000 / 当日¥4,500-

5/4(金) 宮城
仙台 Flying Son
act/ Last Days Of April / FOOLA / THE ANDS / Donald / イタチごっこ
DJ : ume-rock(Sunday Monday / Ivy Ivy)
開場18:00 / 開演18:30
前売¥4,000 / 当日¥4,500-

5/5(土) 東京
吉祥寺WARP
act / Last Days Of April / FOOLA / CARNIVAL / smile for me / weave
開場18:30 / 開演19:00
前売¥4,000 / 当日¥4,500-

5/6(日) 東京
渋谷club乙-kinoto-
act / Last D…

汝、我が民に非ズ 京都磔磔行ってきましたよ

イメージ
汝、我が民に非ズの京都磔磔公演が2018年4月15日に。
おや? 終演後に見覚えのある顔が出てきましたよ。

くらんちくん:お?クランチのギター。お前、町田康なんか観に来るんか?

堀田:INUのアナログ盤持ってるよ。5/5はこんがり音楽祭、6月頃には初の吹き込み盤がリリースされるそうだね。楽しみ! くらんちくんこそ京都まで来たの?

くらんちくん:そりゃ関西NOWAVEのツアー追っかけたくらいやからな。今回は94年に北澤組で来て以来24年ぶり。そりゃ女房を質に入れてでも観に来なあきまへんで!

堀田:関西NOWAVEは80年代初頭のムーブメントだよ。くらんちくん実は50歳くらい?

くらんちくん:わしは妖怪やから、あまねく全ての時代に存在するで


堀田:はいはい。MCも面白かったね。「小説を書くとインタビューを受けなきゃいけないけど、答えられんこと聞いてくる」って

くらんちくん:あれは全く同意やわ。「この小説、なんで書いたんです? 書きたいから書いたに決まってるやろ!」

堀田:怒鳴らないでよ。あの話は続いたね。「それでも何か理由を考えなきゃいけないと思って、考えるうちにやっぱりだんだん腹立ってくる」って

くらんちくん:「物語には、何か理由がなきゃいけないのか?」と苦言を呈してたな。悪いことしたから警察行ったとか。どうでもええやんなあ。その次、話し出したのが最近読んだ本

堀田:有島武郎『カインの末裔 』。内村鑑三と親しいクリスチャン系の作家

くらんちくん:信仰に疑問を持って人妻と心中したひとやな! その話から迷走しだしたな

堀田:どんなこと話してたっけ?

くらんちくん:新幹線のホームにで「自撮り棒で撮らないでください」という注意書きがあるやんか。新幹線が来たときに自撮り棒で撮ろうとして大惨事になったんやろうなという話から、「カメラにおける写真芸術、小説における人称の話につながっていくはずだったんですよ。本当は。ということで次の曲のタイトルは二人称 です。踊り狂う君(ダウン花を抱き儲けなしで)」

堀田:くらんちくん、記憶力やばい! じゃあ「サシスセソ」の話も覚えてる?

くらんちくん:料理じゃなくて、女性の会話の「サシスセソ」な。
思ったことをそのまま歌ってる。小説もそういう話だって。新刊の『湖畔の愛』や『浄土』収録の「本音街」を例に出して、本棚の例えも言うとったけど定番やな。

大須観音よりに新装開店!FILE-UNDERに行ってきましたよ

イメージ
うら暖かい初春の昼下がり。くらんちくんが目指すのは
名古屋 大須商店街はファイルアンダーレコード
矢場とんのそばの雑居ビルの老朽化に伴い、2018年4月に移転リニューアル。


「ここだ!ここ!」
大須観音駅から出て徒歩5分の路面店。



さっそくレコード棚を物色するくらんちくん。壁かけのU.S.Girlsの新作LPとYo La Tengoの新作CD、ちょうどアメリカから届いた荷物からThe Birthday Partyのファースト再発カラーヴァイナルをゲットします。

「The Birthday Partyは高いよ3980円」と店主の山田さん。
「いやいや買うよ。オープン祝いもかねて」と少し青くなるくらんちくん。
「くらんちくん、The Birthday Partyは他の盤持ってる?」
「いや~、Spotifyで聴くだけで」
「あんまり中古でも見なくなってきたからね。最初に買うのはファーストがいいよ。僕は人生で最も繰り返し聴いたレコード」


帰宅してさっそくThe Birthday Partyのレコードに針を落としたくらんちくん。

ニック・ケイヴの唸るような絞り出すような怨念めいた歌唱と、本能を呼び覚ますような部族的ビートにうっとり。レコードらしいまろやかな音質に3980円の価値を見い出したようですよ。


店内の全景はこんな感じ。カウンター後ろにはWEEZERのポスターが。ブロンドレッドヘッドのいかすシルクスクリーンのポスターも貼ろうか迷われていましたよ。


余談ですが
1日外出録ハンチョウの名古屋編(正確には大須)
わかりすぎてつらい。




サニーデイ・サービス 2018年3月19日名古屋クアトロ

イメージ
CRUNCHのギタリスト堀田さんと、くらんちくんが何やら話し込んでいます。どうやらサニーデイ・サービスのライブに行ってきたようですよ。




堀田 : あ!くらんちくん またライブで会ったね!

くらんちくん: おう!お前はクランチのギターのボンクラ?

堀田 : CRUNCHのギターの堀田です

くらんちくん : どっちでもええわ。お前サニーデイなんか聴くんか?

堀田:うん、好きだよ

くらんちくん : どうせ、ファッションで聴いとるだけやろ
試しに聞くけどな。サニーデイでどの曲好きなん?

堀田::「Now」!   なんとな~く 会~いたくなって♬

くらんちくん: やっぱりな。にわかやから有名なのしか聴いとらんのやろ? 帰れ!

堀田: そんなことないよ。新作よかったし。それにしても客層が幅広かったね。20代から、お子さん連れ、50代まで


くらんちくん:部長さんクラスがちらほら来るなら、そのバンドは本物やで!

堀田:くらんちくん、どこ目線なの?

くらんちくん:「ラブソング 2」で4Letter Wordsを叫びながら始まって鉄壁の演奏!狂乱のインプロが凄まじい「セツナ」でもう泣けてきたわ



堀田:ノーザンブライトの新井仁さんと曽我部さんのギターバトル凄かったね。くらんちくん涙ぬぐってて、反対となりの男性も泣いてて、なんなの?って思ったよ。高野勲さんのデジタルメロトロンも気になったよ。

くらんちくん:CRUNCHで新しいキーボード欲しいのか?

堀田:うん、いいのあったらね。ダブル・アンコールで「白い恋人」をやったりしたけど、最近の3部作から中心で、欲を言えば「イン・ザ・サン・アゲイン」が聴きたかった。あの世から聞こえてくるような独特の感じを出せるのは、今は曽我部さんくらいじゃないかな。


くらんちくん:3月14日配信の『the CITY』のレコ発ツアーだしな。『DANCE TO YOU』からの3部作というか、前作『Popcorn Ballads』と平行して作ってたと言ってた。

20年前に『東京』というアルバムを作ったけど、もうそんなにフレッシュじゃない今、都市というテーマに向かい合うと本作のようになるって。そういいつつも、20年後に聞いたら「このころ若いじゃん!」って思うかもしれないって。

堀田:曽我部さん、20年後も現役でいる気ばりばりだね

くらんちくん:おう 遠藤賢司を継ぐ存在や…