投稿

playlist7

イメージ
最近の新譜、注目の再発をあげてくでー!

Szymon(サイモン)のEP「Blue Coloured Mountain」が出とる。オーストラリアのミュージシャンでもう亡くなっとるんやけど死後にアルバムが出て、さらに未発表曲のEPも出た。ひそかにわいのフェイバリット・ミュージシャンやで。





同じく死後に未発表アルバムが出続けとるArthur Russell(アーサー・ラッセル)。
今回のフォークソング集「Iowa Dream」もええで。


注目作ではFKA twigsの5年ぶりのアルバム、Rex Orange Countyのメジャー初アルバムも出たな。

ベルギーのエレクトロ・デュオ、Portlandのアルバム「Your Colours will stain」 それにTurnoverのアルバム「Altogether」もよかったで。

つかTurnoverは3回も来日しとるんや。しらんかったわ。


EP/シングルなど一気にいくで。
DeerhunterPorchesTennisLittle DragonPanda BearCaribouHercules & Love AffairTame Impala、そしてフランク・オーシャンの新曲。

これらはアルバムも来年あたり続々出るんやろうな。わくわくするで!!



それと先日は東京のロックバンドThe MADRASのレコ発ツアー観に行ってきたで! かっこよかったー!!

The MADRASは元チューインガムウィークエンドの橋本孝志(Vo.)を中心に腕利きミュージシャンが集まったスーパーバンドや。

80年代から現在に至るUS/UKロックの美味しいところが走馬灯のようにわいの脳裏を駆け巡るライブやった。演奏も凄いし、かっこいんやけど、スーパーバンドにありがちな悪い意味でのプロフェッショナル感はなくて、あったかい感じやった。

橋本どんはバンドを家族に例えとったけど、この人といっしょにバンドやりたい、楽しいと思わせるもんがある人なんやろうなあ。

音楽は音楽でしかないけど、ときに人の心を少しだけ楽にしてくれる。そんなことを思ったわ。また観たいなあ。他のメンバーもみんなやさしそうな兄ちゃん、かわいい姉ちゃんたちやった。終始、笑顔にほっこりするライブやったで。



playlist6

イメージ
だいぶさぼっとったで!
わいとCRUNCHのお気に入り曲やアルバム載せてくでー!

とりあえずKanye Westの新譜、堀田が気に入っとるわ。Floating Pointsの新作も出たし、名古屋の至宝GUIROの新作EPもストリーミングにきとるな。

まずは鉄板やな。ニューオーダー好きにはたまらんでChromaticsのニューアルバム


Ariel Pinkのアルバムもなんか3枚来とる!!



Wilcoのアルバムもええで。滋養のある食べ物くったーって感じの音楽。



今更やけどJay Somのアルバムはこの曲がお気に入りや。

playlist5

イメージ
みんなー CRUNCHの所属レーベルTHANKSGIVINGと姉妹レーベルOurlanguageのプレイリスト作ったで! よかったら聴いてや。太字がリンクや。


新譜の話に移るで。ポストマローンのニューアルバム最高やな。めっちゃきいとる。ハッピーに歌っても彼の声には哀しみが滲んどる。わいには分かるで。



ラナ・デル・レイのアルバムもよさげやな。
Pitchforkでも高得点叩き出しとる。


友達の新譜もリリースされとるわ。

For Tracy Hydeの『New Young City』、キラキラしすぎやろ!!「ハッピーアイスクリーム」とか胸キュンすぎや(遠い目)。

Cattleの『Sweet Dream, Tender Light and Your Memory』90年代を疾走したわいの「追いかけて!マイマインド」が、突然沸き起こるノイズに歪んで、エヴァ―グリーンなコーラスに癒される。2枚とも青春グラフティすぎるわ.....。

そして年末にはSayoko-daisyどんのフルアルバムも聴けそうや。新曲「コウカイニッシ」、わい、この続きが聴きたくてしかたないねん。


さて、一息ついて。
坂本慎太郎の7インチはもちろん予約ゲットしたで。



FKA twigsの新譜も密かに楽しみにしとるし、Grimesももちろん!






Tycho(ティコ)のニューアルバムも聴き返しとる、最近。




イギー・ポップの新譜も聴き始めたけど、えらく渋い。パンクのゴッドファーザーが老境を迎えて神に近づきつつある感じ。




Boy Harsherの3rdアルバム『Country Girl Uncut』。これで初めて知ったけど、ダーク・エレクトロな作風から徐々にニューオーダーっぽいキラキラした感じに変わってきとる。好きやわ。AVISSにも載ってたわ。確かにJesse RuinsやFILE-UNDERっぽいもんな。

playlist4

イメージ
Post Maloneは「サンフラワー」がやっぱベストソングやな。
でもYoung Thugとの新曲もええで。



野崎りこんのセカンドアルバムも聴いとるで!



Friendly Fires、わい昔サマソニで観たで。かっこよかった。


 Pomplamooseによるダフトパンクのカバー。
わいらのレーベルのげどすら氏が教えてくれた。秀逸なカバーや。


Benny Singsのこの曲のリミックスもよかったわ。


playlist3

イメージ
!!! (Chk Chk Chk)は来日公演観に行くで!
(CRUNCHのメンバーのリュックに忍び込んで)



The Flaming Lipsの新譜。ウェイン・コインおじさんの歌が好き。



RIDEの新曲、若いロックバンドよりかっこええで!


Whitneyを聴いてるとキャロル・キングとか思い出すで。



Lykke Liの声も好きや。新しいEPから。



Shura



Blood Orange



Biig Piig















playlist2

イメージ
2回目や! CRUNCHのプレイリストからわいも好きな曲を紹介するで!

サカナクションの新譜『834.194』の80’s歌謡感はたまらんな!
昔の歌謡曲は今よりむしろ洋楽の影響大やったんやで。



プリンスのセルフカバーちゅうか他アーティストへの提供曲集もええな。
ここにはあえてオリジナルアーティストをはっとくで。



Spoon 「No bullets spent」
アルバムが楽しみやな!



Low island 「Search Box」
去年のアルバムもいいで。



Michael Kiwanukaもスイートやで!



Metronomyも新曲が2曲公開されとった。



ジョン・グラントのリミックス集も好きや!



Generationals 「Breaking your silence」



Christian Leave 「 Milksop」



Yellow Days 「Just when」


Arlo Parks「George」

playlist1

イメージ
CRUNCHがなんか好きな曲のプレイリスト更新しとるらしいな。
その中からわいも気に入った曲を紹介していくで!


まずはチャンス・ザ・ラッパーの「GRoCERIES」。
NMEによれば7月にアルバムも予定されてるらしいな。出たで。



説明不要やな。タイラー・ザ・クリエイター「Running out of time」



Sawa Angstromの「Sweet Impact」。
CRUNCHと同じくサンクスギビング所属の男女ツインヴォーカルのエレクトロユニットや。
この曲はちょいレミ街みたいやな。実際メンバーのよよたん(吉岡さんのこと、レミ街の荒木さんがそう呼んでる)と荒木どんは仲良しらしいで。



ロンドンのMC/ラッパーKojey Radical「Can't Go Back」
彼については日本語の情報は少ないわ。FNMNLの記事はっとく。



Yumi Zouma「Bruise」
彼らはいつでも最高や!



Foxygenの新作も良かったで!



Samia「Ode to Artifice」
ニューヨークを拠点に活動するシンガーソングライターやて。
ネオアコっぽい好きなメロディーや。
アルバムもうすぐらしいから忘れんようにしとかんと。



Juice WRLD 「Feeling」
シカゴ出身、若手再注目のラッパーらしいで。
「Lucid Dreams」でスティングを使うあたり好感度高いわ。
パフ・ダディがポリス「見つめていたい」をモロ使いしたのをどうしても連想してまうけど。

フランク・オーシャンも90年代ロックから大胆に引用しとったが、本来ソウルから盗んでロックが発展したのが、近年はヒップホップがロックからたくさん収穫しとるのがおもろいな。




Hot Chip「Melody of Love」
ニューオーダーの正当な後継者やな。安定の新作や。



サウス・ロンドンのカルト・ヒーローFat White Familyも新作をDOMINOから。
時代錯誤な音楽性(ほめとるで)に『Serfs Up!』というタイトルも洒落が効いとるで。



フライングロータスの「Spontaneous」
新作からLittle Dragonをフィーチャリングしたこの曲が耳から離れんで。



最後にシャルロット・ゲンズブール「Bombs Away」リミックスを貼っとくで!


そいじゃあまたな!