投稿

くらんちくん 温故知新やで

くらんちくん:おい堀田! ピーターバラカンさんの番組聞いとるか! 堀田:なに?くらんちくん。何か面白いことでもあったの。 くらんちくん:バラカンさんの番組、腹持ち良い音楽を流してくれるからよく聴いとるんやけど。 ホアキン・クーダー の新譜が良かったわ。ふわふわした感じで気持ちいい。ライ・クーダーの息子らしいんやけどな。カントリー・ミュージックの先祖らしいバンジョー奏者、アンクル・デイヴ・メイコンっちゅう人のカバー集みたいなアルバムや。 ホアキンは子どもの頃、おやじさんライ・クーダーがアンクル・デイヴ・メイコンの曲をバンジョーで弾き語るのを聴いて育ったらしいけど、ライ自身もピート・シーガ―が演奏してるのを聴いて知ったんやと。 堀田:へー。音楽は伝承されていくね。 くらんちくん:まあ、ごたくはいいから聴いてみ。  Joachim Cooder : Moning Blues  on Spotify 堀田:カントリーっていうけど、なんだかエキゾチック。いかにもアメリカっていう曲じゃなくて、見知らぬ国の音楽みたい。 くらんちくん:バラカンさんがいうには、アフリカの民族楽器、親指ピアノ(カリンバ)使っとるらしいな。そのせいかも。 堀田:これが親指ピアノの音なの? ちょうど 「考える人」という雑誌 の細野晴臣さんのコラム(2016年夏号)で読んだんだ。引用するね。 「アフリカの人は旅をするときカリンバを弾いて、孤独を癒しながら行く。自分をなぐさめるための音楽。音楽にはそういう側面があるのに、それを今の人間は忘れているんじゃないかな。何でも自己表現として外に発信していく」 くらんちくん:細野どん、ええこというなあ。しかし偶然やな。原因と結果があるのではなく、同時多発的に同じことが起こることを心理学用語でシンクロニシティーと言うんやで。ポリスの「見つめていたい」が入ったアルバムのタイトルやな! 堀田:いいね。それ、今度の曲の歌詞にあるからタイトルにしようかな。 くらんちくん:ええな。わいが名付け親やな! お前らの新曲楽しみにしとるで! 

playlist7

イメージ
最近の新譜、注目の再発をあげてくでー! Szymon(サイモン)のEP 「Blue Coloured Mountain」 が出とる。オーストラリアのミュージシャンでもう亡くなっとるんやけど死後にアルバムが出て、さらに未発表曲のEPも出た。ひそかにわいのフェイバリット・ミュージシャンやで。 同じく死後に未発表アルバムが出続けとるArthur Russell(アーサー・ラッセル)。 今回のフォークソング集 「Iowa Dream」 もええで。 注目作では FKA twigs の5年ぶりのアルバム、 Rex Orange County のメジャー初アルバムも出たな。 ベルギーのエレクトロ・デュオ、Portlandのアルバム 「Your Colours will stain」 それにTurnoverのアルバム 「Altogether」 もよかったで。 つか Turnoverは3回も来日 しとるんや。しらんかったわ。 EP/シングルなど一気にいくで。 Deerhunter 、 Porches 、 Tennis 、 Little Dragon 、 Panda Bear 、 Caribou 、 Hercules & Love Affair 、 Tame Impala 、そして フランク・オーシャン の新曲。 これらはアルバムも来年あたり続々出るんやろうな。わくわくするで!! それと先日は東京のロックバンド The MADRAS のレコ発ツアー 観に行ってきたで! かっこよかったー!! The MADRASは元チューインガムウィークエンドの橋本孝志(Vo.)を中心に腕利きミュージシャンが集まったスーパーバンドや。 80年代から現在に至るUS/UKロックの美味しいところが走馬灯のようにわいの脳裏を駆け巡るライブやった。演奏も凄いし、かっこいんやけど、スーパーバンドにありがちな悪い意味でのプロフェッショナル感はなくて、あったかい感じやった。 橋本どんはバンドを家族に例えとったけど、この人といっしょにバンドやりたい、楽しいと思わせるもんがある人なんやろうなあ。 音楽は音楽でしかないけど、ときに人の心を少しだけ楽にしてくれる。そんなことを思ったわ。また観たいなあ。他のメンバーもみん

playlist6

イメージ
だいぶさぼっとったで! わいとCRUNCHのお気に入り曲やアルバム載せてくでー! とりあえず Kanye Westの新譜 、堀田が気に入っとるわ。 Floating Pointsの新作 も出たし、名古屋の至宝 GUIROの新作EP もストリーミングにきとるな。 まずは鉄板やな。ニューオーダー好きにはたまらんで Chromaticsのニューアルバム 。 Ariel Pinkのアルバム もなんか3枚来とる!! Wilcoのアルバム もええで。滋養のある食べ物くったーって感じの音楽。 今更やけど Jay Somのアルバム はこの曲がお気に入りや。

playlist5

イメージ
みんなー CRUNCHの所属レーベル THANKSGIVINGと姉妹レーベルOurlanguageのプレイリスト 作ったで!  よかったら聴いてや。太字がリンクや。 新譜の話に移るで。 ポストマローン のニューアルバム 最高やな。めっちゃきいとる。ハッピーに歌っても彼の声には哀しみが滲んどる。わいには分かるで。 ラナ・デル・レイのアルバム もよさげやな。 Pitchforkでも高得点叩き出しとる。 友達の新譜もリリースされとるわ。 For Tracy Hydeの『New Young City』 、キラキラしすぎやろ!!「ハッピーアイスクリーム」とか胸キュンすぎや(遠い目)。 Cattleの『Sweet Dream, Tender Light and Your Memory』 。 90年代を疾走したわいの「追いかけて!マイマインド」が、突然沸き起こるノイズに歪んで、エヴァ―グリーンなコーラスに癒される。2枚とも青春グラフティすぎるわ.....。 そして年末にはSayoko-daisyどんのフルアルバムも聴けそうや。 新曲「コウカイニッシ」 、わい、この続きが聴きたくてしかたないねん。 さて、一息ついて。 坂本慎太郎 の7インチはもちろん予約ゲットしたで。 FKA twigs の新譜も密かに楽しみにしとるし、 Grimes ももちろん! Tycho (ティコ)のニューアルバム も聴き返しとる、最近。 イギー・ポップ の新譜 も聴き始めたけど、えらく渋い。パンクのゴッドファーザーが老境を迎えて神に近づきつつある感じ。 Boy Harsherの3rdアルバム『Country Girl Uncut』 。これで初めて知ったけど、ダーク・エレクトロな作風から徐々にニューオーダーっぽいキラキラした感じに変わってきとる。好きやわ。 AVISS にも載ってたわ。確かにJesse Ruinsや FILE-UNDER っぽいもんな。

playlist4

イメージ
Post Maloneは「サンフラワー」がやっぱベストソングやな。 でもYoung Thugとの新曲もええで。 野崎りこんのセカンドアルバムも聴いとるで! Friendly Fires、わい昔サマソニで観たで。かっこよかった。  Pomplamooseによるダフトパンクのカバー。 わいらのレーベルのげどすら氏が教えてくれた。秀逸なカバーや。 Benny Singsの この曲のリミックス もよかったわ。

playlist3

イメージ
!!! (Chk Chk Chk)は来日公演観に行くで! (CRUNCHのメンバーのリュックに忍び込んで) The Flaming Lipsの新譜 。ウェイン・コインおじさんの歌が好き。 RIDEの新曲、若いロックバンドよりかっこええで! Whitneyを聴いてると キャロル・キングとか思い出すで。 Lykke Liの声も好きや。 新しいEP から。 Shura Blood Orange Biig Piig

playlist2

イメージ
2回目や! CRUNCHのプレイリストからわいも好きな曲を紹介するで! サカナクションの新譜『834.194』 の80’s歌謡感はたまらんな! 昔の歌謡曲は今よりむしろ洋楽の影響大やったんやで。 プリンスのセルフカバーちゅうか他アーティストへの提供曲集 もええな。 ここにはあえてオリジナルアーティストをはっとくで。 Spoon 「No bullets spent」 アルバムが楽しみやな! Low island 「Search Box」 去年のアルバム もいいで。 Michael Kiwanukaもスイートやで! Metronomyも新曲が2曲公開されとった。 ジョン・グラントのリミックス集 も好きや! Generationals 「Breaking your silence」 Christian Leave 「 Milksop」 Yellow Days 「Just when」 Arlo Parks「George」