投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

汝、我が民に非ズ 京都磔磔行ってきましたよ

イメージ
汝、我が民に非ズの京都磔磔公演が2018年4月15日に。
おや? 終演後に見覚えのある顔が出てきましたよ。

くらんちくん:お?クランチのギター。お前、町田康なんか観に来るんか?

堀田:INUのアナログ盤持ってるよ。5/5はこんがり音楽祭、6月頃には初の吹き込み盤がリリースされるそうだね。楽しみ! くらんちくんこそ京都まで来たの?

くらんちくん:そりゃ関西NOWAVEのツアー追っかけたくらいやからな。今回は94年に北澤組で来て以来24年ぶり。そりゃ女房を質に入れてでも観に来なあきまへんで!

堀田:関西NOWAVEは80年代初頭のムーブメントだよ。くらんちくん実は50歳くらい?

くらんちくん:わしは妖怪やから、あまねく全ての時代に存在するで


堀田:はいはい。MCも面白かったね。「小説を書くとインタビューを受けなきゃいけないけど、答えられんこと聞いてくる」って

くらんちくん:あれは全く同意やわ。「この小説、なんで書いたんです? 書きたいから書いたに決まってるやろ!」

堀田:怒鳴らないでよ。あの話は続いたね。「それでも何か理由を考えなきゃいけないと思って、考えるうちにやっぱりだんだん腹立ってくる」って

くらんちくん:「物語には、何か理由がなきゃいけないのか?」と苦言を呈してたな。悪いことしたから警察行ったとか。どうでもええやんなあ。その次、話し出したのが最近読んだ本

堀田:有島武郎『カインの末裔 』。内村鑑三と親しいクリスチャン系の作家

くらんちくん:信仰に疑問を持って人妻と心中したひとやな! その話から迷走しだしたな

堀田:どんなこと話してたっけ?

くらんちくん:新幹線のホームにで「自撮り棒で撮らないでください」という注意書きがあるやんか。新幹線が来たときに自撮り棒で撮ろうとして大惨事になったんやろうなという話から、「カメラにおける写真芸術、小説における人称の話につながっていくはずだったんですよ。本当は。ということで次の曲のタイトルは二人称 です。踊り狂う君(ダウン花を抱き儲けなしで)」

堀田:くらんちくん、記憶力やばい! じゃあ「サシスセソ」の話も覚えてる?

くらんちくん:料理じゃなくて、女性の会話の「サシスセソ」な。
思ったことをそのまま歌ってる。小説もそういう話だって。新刊の『湖畔の愛』や『浄土』収録の「本音街」を例に出して、本棚の例えも言うとったけど定番やな。

大須観音よりに新装開店!FILE-UNDERに行ってきましたよ

イメージ
うら暖かい初春の昼下がり。くらんちくんが目指すのは
名古屋 大須商店街はファイルアンダーレコード
矢場とんのそばの雑居ビルの老朽化に伴い、2018年4月に移転リニューアル。


「ここだ!ここ!」
大須観音駅から出て徒歩5分の路面店。



さっそくレコード棚を物色するくらんちくん。壁かけのU.S.Girlsの新作LPとYo La Tengoの新作CD、ちょうどアメリカから届いた荷物からThe Birthday Partyのファースト再発カラーヴァイナルをゲットします。

「The Birthday Partyは高いよ3980円」と店主の山田さん。
「いやいや買うよ。オープン祝いもかねて」と少し青くなるくらんちくん。
「くらんちくん、The Birthday Partyは他の盤持ってる?」
「いや~、Spotifyで聴くだけで」
「あんまり中古でも見なくなってきたからね。最初に買うのはファーストがいいよ。僕は人生で最も繰り返し聴いたレコード」


帰宅してさっそくThe Birthday Partyのレコードに針を落としたくらんちくん。

ニック・ケイヴの唸るような絞り出すような怨念めいた歌唱と、本能を呼び覚ますような部族的ビートにうっとり。レコードらしいまろやかな音質に3980円の価値を見い出したようですよ。


店内の全景はこんな感じ。カウンター後ろにはWEEZERのポスターが。ブロンドレッドヘッドのいかすシルクスクリーンのポスターも貼ろうか迷われていましたよ。


余談ですが
1日外出録ハンチョウの名古屋編(正確には大須)
わかりすぎてつらい。